« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

光のページェントinSENDAI

Cimg0971 先週末、久しぶりに仙台で光のページェントを見てきました。仙台に住んでいる頃は、人ごみに出かけるのが億劫で、すっかりご無沙汰していたのですが、たまに見ると、やっぱり綺麗ですね~。これは一見の価値ありのイベントです。

定禅寺通りの欅並木は、4車線道路の中央分離帯が歩道になっていて、車道の両脇と歩道の両脇に4列に欅並木が続いています。この4列がず~っと電飾に彩られ、光のトンネルの中を車も人も通っている感じがします。なんだか広~いプラネタリウムの中を散歩しているみたいな感じなんです。初夏には、この並木が新緑のトンネルになって、杜の都にふさわしい風景を演出してくれます。

Cimg0975 さて、今回光のページェントを見に出かけたのは、実は「おまけ」で、ホントの目的はいつものメンバー(やまね倶楽部)の自家製ワインのアール・ヌーボーパーティーのためでした。「ヤマネ・コンティ」の新酒を開けて、みんなで楽しみました。

Cimg0980 この日のために、東京に行ってしまった倶楽部のメンバーも戻ってきてくれました。

いつの間にか、皆さんと10年以上もの長~いお付き合いになっていたのですね。久しぶりに集ったメンバーの顔を見て、なんだかジワッとくるものがありました。こうした時間を変わらずに積み重ねられるってのは、とっても幸せなことですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

The 懐石

Cimg0903 お久し振りです。最近、寒くなったせいか、活動が低調でプログネタにも困っておりましたが・・・先日、懐石の勉強会に参加をさせていただきましたので、そのご報告です。よく料亭の会席料理と間違われるのですが、懐石とは、茶席で茶をすすめる前に出す簡単な料理のことで、「もとは禅林にて、温石を布で巻いて腹中を暖め空腹をしのいだことからくる軽い食Cimg0884事」のことだそうです。そうは言っても、今ではかなり贅沢な料理ではありますが・・・。今回は、炭手前、懐石、薄茶という流れで進めました。 ほんとは濃茶もやりたかったのですが、若手から、一度に全部は無理~!という声が上がったそうで、残念ながら省略になりました。料理は、懐石料理を出張して作ってくださるプロの方にお願いしたもので、味といいタイミCimg0868ングといい絶妙でした。本当は、全部自分達で手作りすべきなんでしょうがね~。仲間内の勉強会なので、まずは「楽しく、おいしく」でいいことにしましょう。そういう、和気藹々の会なので、薄茶は、参加者が代わる代わるお茶を点てて、お互いにもてなす趣向にしました。といっても、わたしなんてすっかりお手前を忘れちゃたので、点てるだけなんでCimg0963すけどね。最初の運び込みと、最後の後片付けは、若手にお願いしちゃいました。修練不足を痛感しました。「昔、やったことがある」ではだめですね~。意識しなくても体が自然とやっているくらいに稽古しておかないと。歳とともに、いろんな事を忘れていきます。反省、反省!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »