« 金沢の旅(城下町の面影) | トップページ | 越後妻有の旅 »

2007 T先生追悼茶会

Cimg2253 6月があっという間に過ぎていきます。いろいろブログに載せたいことあるんですけど、まあ一つずつですかね~。さて、6月10日に仙台で、わたしのお茶の先生の追悼茶会がありました。

Cimg2233 場所は茂ヶ崎荘という、仙台市野草園の奥にある伊達家縁の建物を借りて行いました。明治生まれの私の先生は昨年、齢92で逝去されました。亡き先生は、既に仙台を離れて久 しかったのですが、今も仙台でお茶を続けている私の姉弟子達が、先生の一周忌も終わったので、法要の代わりに亡き先生を偲ぶ追悼茶会をと、年明けから準備を始め、ようやく開催に漕ぎ着けたものです。

Cimg2274 Cimg2265

当日は先生にご縁のあった懐かしい方々、今では兵庫や東京方面で暮らしている昔のお弟子さん達などがわざわざ足を運んでくださいました。会は、一 同が会し、厳粛に献茶式に始まり ましたが、後は同窓会。懐かしい再会にあちこちで思い出話の花が咲いていました。本当にご婦人方は、あっという間に女子高生だった当時のおしゃべりモードに突入できちゃうようで、傍らで聞いていると、なんとも微笑ましく感じられます。

当日のお道具は、かつて先生から譲っていただいた思い出の品を、姉弟子達が少しずつ持ち寄り、揃えました。わたしも10数年も昔に、先生の稽古場や茶会でお目にかかっていた懐かしいお道具と久し振りに出会え、当時を懐かしく思い出しました。

Cimg2312

不思議なことに、献茶の間ドシャ降りだった雨が急に上がり、その後はすっかりと良いお天気に恵まれたのも、なんだか先生のお人柄を偲ばせるようだねと、皆で笑っていました。でも、ふと気がつくと、姉弟子達の、お元気だった当時の先生を懐かしく思い出し、遠くを見つめて追憶の彼方をさまよっている姿が印象に残りました。

|

« 金沢の旅(城下町の面影) | トップページ | 越後妻有の旅 »

茶の湯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101747/6940825

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 T先生追悼茶会:

« 金沢の旅(城下町の面影) | トップページ | 越後妻有の旅 »