« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

山百合の寺(覚照寺・宮床)

Cimg3703このところ仙台は梅雨の戻りのような湿った天気が続いていCimg3698 ます。全国的には猛暑だというのに、不思議なほど仙台は涼しいですね。そんな曇り空の下を車で通勤していたら、ある朝、突然真っ白な百合の叢が目に飛び込んで来ました。えーなんでこんなに山百合が群生しているんだろうと、驚いてよくよく見ると、そこは「覚照寺」というお寺の一画でしCimg3699 た。境内は小高い丘陵の上にあるのですが、石段の脇の斜面が一面の山百合の花畑になっており、梅雨曇りの空の下でも、白さが鮮やかに目を惹Cimg3706 きます。その風情にひかれて、車を降りて境内を参拝してみることにしました。石段を上まで登ると、結構立派な本堂と庫裏が正面に見えますが、境内の中も山百合が群生しています。この季節、紫陽花寺はよく耳にしますが、山百合もこれだけ咲くとなかなかCimg3707 見事ですね。このお寺、全く知らなかったのですが、伊達家縁の由緒正しいお寺だそうです。ここ大和町宮床(みやとCimg3704こ・・と読みます)は、伊達政宗公の孫にあたる宗房公が治めた伊達家の小城下町だったそうで、覚照寺は宮床伊達家の菩提寺なんだそうです。どうりで山里のお寺ながらなかなかの風格。歴史の静かさを感じさせる佇まいです。また、時間を見つけてお参りにこようかな。朝の通勤も、いろんな発見があって楽しい時間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008やまねキャンプ(笹谷・宮城蔵王)

Cimg3708 毎年7月最終の週末は、仙台のやまね倶楽部の恒例キャンプです。うちの息子が幼稚園の頃からだから、かれこれ10年以上続く伝統行事となってしまいました。はじめは、山の中を彷徨いながらのサバイバルキャンプでしたが、3年目くらいから渓流の傍の土地を借りて山小屋を作り、やまね村と称して、仲間達が少しずつ手を入れて育ててきました。080726_20170001 春のお花見、秋の芋煮会と何か行 事の度に集まって、酒盛りをして来ました。080726_20350001 子供たちもここで、焚き火をし、泳ぎ、渓流を歩き、岩魚の手づかみを学び、育ってきました。わたし自身は単身赴任をしていたこともあり、ここしばらくキャンプはご無沙汰していましたが、今年は久し振りに 参加しました。

080726_19420001 子供たちは部活や大会ですでに予定があり 、わたしも単身解消の片づけやら雑事も溜まっていたので、家族での 参加は見送ることになっていたのですが・・・突然思い立ち、しばらく使っていなかった寝袋を取り出し、一人でそのまま山へ直行!土曜日の夕方から、キャンプに合流しました。仲間達と飲んで、雑談して、騒いで、火を焚いて、また飲 んで・・・・いつの間にか夜が更けて、深夜になっていました。キャンプって、体は疲れるのですが、気持ちはすっかりリラックスして、いつの間にか神経の疲れがほぐれているんですよ。それもこれもやまねの仲間達に囲まれているせいでしょうか。夜には子供たちの花火を肴にまた飲んで、火が小さくなってきたら、薪を加えて火を熾して、こういう夜は本当に至福のひと時です。Cimg3710

いつもお世話になっているKさんが、畑から夏野菜を収穫して持ってきてくれたので、翌日は子供たちのお土産にいただいて帰りました。Kさんご馳走様。わたしも来年は日曜菜園を復活させます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

帰仙歓迎会(於ヴァンゾーラ)

Cimg36972年振りに仙台に戻ったものの・・・会社は仙台市街地から遠く離れた大和町のためか・・・誰からも飲み会のお声がかかりません。Cimg3690 「きっと、大和町がとっても遠いと思われているんだろーなぁ。その気になれば、7時過ぎには国分町に到着できるのに・・」と考え、せっせと知り合いにPRしたところ、たった一人だけ「せっかくだから、歓迎会をしてあげるよ」と言ってくれる友人を見つけ、先週いそいそと出かけました。その友人が紹介してくれたお店が、こちらの「ヴァンゾーラ」http://www.nishikihonten.com/vinsola/index.htm フレンチバーベキューとワインのお店です。

Cimg3691 新潟から一緒に仙台に異動になった後輩のS君も誘い、 メンバー3名がそれぞれ好みの料理をオーダーしました。マCimg3696グロのカルパッチョ、京野菜の弥勒寺とうがらし、もちろんフレンチバーベキューの盛り合わせもお願いしました。美味しい料理に舌鼓を打ちながら話も少しはずんできたところ、なんと偶然にも、会社

Cimg3693

の先輩がひとりで、フラッと店内に入って来て、偶然の再会となりました。よく話しを聞いてみると、このお店の店長は元当社の社員だった方だそうで、その頃のご縁で、お客さまに当社関係者のとても多いお店なんだそうです。いやぁ、ビックリしたぁ。

思いがけず、先輩の飛び入り参加で、ほとんどほとんど初顔合わせのメンバー4人のとっても不思議な宴会となりましたが、皆さん、この偶然をとても喜んでくれた様子で、気がつけば、ほぼ4時間もお店に居座っていました。(店長、ご迷惑おかけしました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七ツ森の風景(新任地)

Cimg36572年間の新潟単身生活が終わり、新しい会社へ勤めるこCimg3683 とになりました。今度の会社は仙台市から北へ20kmほど離れた大和町という人口2万4千人程度の小さな町にあります。仙台市郊外の自宅からは通勤手段が車しかないので、自宅からマイカー通勤です。大和町には七ツ森と呼ばれる標高400m~500mの小高い七つの山があり、大和町のシンボルになっています。通勤途上に車から撮影してみましたが、なかなか絵になる風景だと思いませんか?

Cimg3684 大和町までの通勤は、幹線道路を通ると混雑するので、Cimg3654裏道を抜けて走っています。わたしの団地の裏には泉ケ岳という仙台市民が夏山ハイキングやパラグライダー、冬にはスキーゲレンデになる1000m級の山がありますが、この麓を裏道が走っています。今日は、帰宅途上に車を止めて、夕日の泉ヶ岳を撮影して見ました。

Cimg3674_2 泉ヶ岳の麓を抜けると、宮床ダムというダム湖があり、仙Cimg3681_2台市から大和町に抜ける湖畔の抜道になっています。夏の朝はまるで高原をドライブしているみたいに気持ちいいのですが、きっと冬はとっても大変だと思います。でも、とりあへず、今はとても快適なので、しばらくはこの朝のドライブを楽しみたいと考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »