« お花畑 | トップページ | 清明 »

石垣張り

Cimg47362週間後に知り合いの茶室で大切なお客さまをお迎えして、茶事を行うことになりました。

茶事は、大寄せの茶会のように手軽に一服のお茶だけを喫する会と異なり、ごく少数のお客様をお迎えして、迎えつけから初炭・懐石・濃茶・薄茶まで半日がかりで楽しむいわばお茶のフルコースのこと。

今日は茶室の障子の張替えを行いました。普通の障子張りから少し工夫しているのが、わざと障子の継ぎ目を桟から外して、模様のように見せる技。これを「石垣張り」と言うそうです。

Cimg4729

影絵のように薄暗い茶室から明り取りの窓をみた時に、写真のようなリズムで障子が眺められるのです。教えてもらうまで、まったく気が付いていませんでした。茶室にはこんなところまで、心配りが行き届いているんですね~。二十年もお茶やってても、知らないことばかりです。

Cimg4734

何度か失敗をしながら、ようやく完成。

継ぎ目のずらし方で、もっと工夫ができたかも・・・と後から思いましたが、今回はこれで一杯一杯。なかなか桟に沿ってきれいに障子を貼るのが難しく、結構時間がかかりました。

自分の不器用さをつくづく実感します。

|

« お花畑 | トップページ | 清明 »

茶の湯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101747/28966655

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣張り:

« お花畑 | トップページ | 清明 »