« 卯の花くたし | トップページ | GWの帰省 »

島根の名刹 清水寺

Cimg5369_2

山陰唯一の三重塔のある天台宗の名刹が安来市の山中にあります。

京都の清水の舞台で有名な観光名所と同じ清水寺という名前で、1400年の法灯を持つ島根随一の観音霊場だそうです。

最盛期には山内に40坊を数えたといわれ、戦国期には山陰の戦国大名尼子氏についたため、毛利氏に焼き討ちに合ったようです。

大草鞋の奉納された仁王門も風格があります。Cimg5341

Cimg5328_2 本堂の大屋根はみごとな桧皮葺。他の堂宇は江戸時代の再建だそうですが、本堂だけは消失を免れた室町期のもの。石垣のみごとさも城壁並み。毛利氏に焼き討ちされた時代のなごりでしょうか。

Cimg5277_2 

Cimg5362  三重塔は総けやき造り。江戸中期に三斉流茶道を修め不昧公の知遇を得、清水寺を復興した恵教和尚の時代に建立されたもの。

ここの三重塔は塔内に入れるだけでなく、観光客でも三階まで登閣することができます。(ただし土日限定)

せっかくなのでわたしも登らせてもらいました。

Cimg5379_2 三重塔の内部にはかなり狭い階段がついています。 Cimg5377

塔の上からは安来の町並みが一望できます。

|

« 卯の花くたし | トップページ | GWの帰省 »

旅 国内編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101747/29830484

この記事へのトラックバック一覧です: 島根の名刹 清水寺:

« 卯の花くたし | トップページ | GWの帰省 »