« 日本橋散策 | トップページ | 日本橋うさぎや »

日本橋散策その弐

Cimg5785お江戸日本橋は、1608年といいますから、関ケ原の戦の8年後、まだ大阪冬夏の陣も始まる前に初めて架けられたんですね。

その翌年から東海・中山道・日光・奥州街道などの五街道の制のスタート地点となったのが日本橋。

Cimg5781以来、日本道路網の始点となっている場所です。地図オタク必見の場所と言ってもよい でしょう。写真の左下の石標が、日本橋の道路の真ん中に埋め込まれている「日本国道路元標」のレプリカ。

本物は丁度首都高の下あたりにあります。

Cimg3840_2

昨夏遊びに行った両国大江戸博物館には、お江戸日本橋のミニチュアモデルもありました。

このミニチュアは、わたしがこれまでに見た時代劇の中では「三屋清左衛門残日録」「腕におぼえあり」と並んで評価の高い「御家人斬九郎」のエンディングで使われていて、ずーっと気になっていたもの。昨年念願叶って見ることができましたCimg5782

日本橋の欄干で立ち話をしている墨衣の托鉢僧がいました。

聖俗(セイゾク)の袂(タモト)に立てり墨衣(スミゴロモ)

季語がない・・・駄作ですみませんcoldsweats01。丁度道路元標のあたりに立って、現代の若者と托鉢修行の若い僧侶が並んで話をしていたもので・・・・。  

|

« 日本橋散策 | トップページ | 日本橋うさぎや »

旅 国内編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101747/30230863

この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋散策その弐:

« 日本橋散策 | トップページ | 日本橋うさぎや »