« 玉川上水の旅 | トップページ | 日本橋散策その弐 »

日本橋散策

Cimg5792日本橋といえば三越・・・・でしょうか?

週末の土日キップを利用して、カミさんと交代で東京日帰り旅を企画しました。

今回の旅の目的は、この三越・・・ではなく、その隣の三井本館にあります。

今年は三井本館建設80周年ということで、先日地下にある東洋一と言われる大金庫がCimg5793マスコミに公開され、話題を集めたばかり。今回は、その三井本館の7階「三井記念美術館」で開催されている「三井家伝来茶の湯の名品」展が旅の目的です。

1929年に建設された三井財閥の拠点。当時の三井の総帥だった団琢磨が1932年の血盟団事件で狙撃されたのは、この建物の正面だそうです。戦前の日本の歴史を語る建物なんですね~。

日本橋は三越だけでなく、三井財閥全体の拠点なんですね。丸の内が三菱財閥の拠点であるのと好対照でしょうか。Cimg5790_2

Cimg5787

往時の面影を残すクラシカルでシックなエレベーター。重厚感のあるマホガニー系の木製扉がついてます。これで7階まで上がります。

東京では毎日のようにすばらしい展覧会が開催されていますが、今回の「三井家伝来・・」はそれぞれの展覧会の目玉になるような名品がまとめて展示されています。そのどれもが三井十一家がかつて所有したことがあるもの(当然今所有しているものも多い)だというのですから、さすがって感じですよね。五島美術館や畠山美術館など明治期の茶人たちの多くは明治期以降富を築いた人たちですが、三井は江戸期から連綿と続く財閥の家系ですから。

特に如庵写しの茶室に展示されていた国宝の志野茶碗「卯の花垣」と高野切が1種から3種まで三服並んで展示をされていたのは、圧巻でしたね~happy02。すごすぎ。

週末旅行が病みつきになりそうでコワイcoldsweats01

|

« 玉川上水の旅 | トップページ | 日本橋散策その弐 »

旅 国内編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101747/30216120

この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋散策:

« 玉川上水の旅 | トップページ | 日本橋散策その弐 »