« 花火の季節 | トップページ | 難聴(なんちょ~?) »

子ども茶道教室 お菓子編

Cimg6269こども茶道教室第一回目のお菓子は「清流」。

清流の底を泳ぐ鮎が見えます。

頭の傍の黒いのは小石だそうで、青楓の葉が一枚、川面に浮いています。

わたしの印象では、お菓子の形そのものが川原の小石のように感じたんですけどね。どうでしょう?

ともかくも、子ども達はお菓子大好きheart04。お稽古の一番の楽しみは「今日はどんなお菓子が出るのかな?」って事。

また、先生もこの2年間、各地から季節のお菓子を取り寄せ、こども達のお菓子への感心が高まるよう、手を変え品を変え、仕込んできました。

「感動したこと」「感激したこと」ってのは、脳裏に焼きつくように記憶がしっかりと残るものですが、「お菓子がおいしかったぁ。お菓子がきれいだったぁ。」って記憶は、視覚と味覚の両方でしっかりと刻まれるようです。

|

« 花火の季節 | トップページ | 難聴(なんちょ~?) »

茶の湯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花火の季節 | トップページ | 難聴(なんちょ~?) »