« 山形天童と河北町谷地のドライブ | トップページ | 無言館 »

信州の鎌倉 別所の古刹

Img_0675 別所温泉は北向観世音と言われる観音様が奉られていることで有名ですが、ここ常楽寺はその北向観音の本坊。

Img_0678 天台宗の別格本山(東北だと平泉の中尊寺に当たります)という寺格の高いお寺でもあります。現住職の半田孝淳大僧正は256世天台座主。比叡山で勤務をしているため、近くの天台宗の系列寺院からお坊様が朝のお勤めに来ていました。重厚な藁葺の本堂がとても清清しい感じがしました。Img_0692

北向観音堂は常楽寺からかなり離れた場所にありますが、同じお寺の一部という扱い。長野の善光寺の参拝客には、昔からセットで北向観音を参拝しないと「片詣り」になるという謂れを設けて、参拝客を誘ったものらしいです。Img_0698

境内には「花も嵐も踏み越えて~♪」で有名な「愛染かつら」の原作のもとになった古木が鐘楼の脇に聳えています。

Img_0705 もうひとつの古刹 曹洞宗の安楽時さんには国宝の八角三重塔があります。

鎌倉末期の禅宗様式による珍しい三重塔だそうです。

|

« 山形天童と河北町谷地のドライブ | トップページ | 無言館 »

旅 国内編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山形天童と河北町谷地のドライブ | トップページ | 無言館 »