« 秋の七ツ森 | トップページ | 仲秋の名月 »

彼岸花

Img_0763お彼岸は終わって、神無月になっちゃいましたが、懐かしい気持ちがして撮影しました。

昔は田圃の畦道の土手沿いに一杯咲いていたものですが、この近辺の田圃では何故だか見かけることがありません。

子どもの頃は、赤い花の色が鮮烈すぎて、不吉なイメージがあり、あまり好きになれなかった花ですが、最近は見かけないせいか、どちらかと言えば懐かしい気持ちになります。

別名「曼珠沙華」は法華経に出てくる「天上の花」らしいのですが、異名には「死人花」「地獄花」など縁起の良くない名前の方が多いみたい。昔の私の不吉なイメージも、墓地に咲く花というイメージから連想されたものだと思います。

でも韓国では「相思華」というそう。花と葉が同時に咲かないことから「花は葉を思い、葉は花を思う・・・相い思う花」という素敵な意味があるそうです。国によって連想が全く違うものですね。

|

« 秋の七ツ森 | トップページ | 仲秋の名月 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の七ツ森 | トップページ | 仲秋の名月 »