« 入江泰吉 Nara City Museum of Photography | トップページ | 木守(きまもり) »

文豪 志賀直哉旧居(奈良市高畑)

Img_0407奈良公園の一番奥。春日大社から南へ下る山道を抜けると、志賀直哉の旧居に出ます。

知らなかったけど、志賀直哉って建築道楽だったんですね~。尾道、奈良、鎌倉などの風光明媚な町を転々としながら、居心地のよい場所を渡り歩いたようです。Img_0413

奈良の旧居も表向きは少し控えめな文化住宅っぽい玄関ですが、建物だけで143坪もある邸宅で、志賀直哉自身の設計で宮大工に建てさせた和洋折衷の数奇屋になっています。クラシックモダンな内装は昭和期の洋館建築と和風建築がみごとに融合したもの。なんて贅沢な建物かと感心します。Img_0415

広いダイニングテーブルのある食堂とその奥には、天上からの明り窓のあるサンルーム。

書斎の脇には、天上の低い茶室と中庭もあります。

Img_0417

サンルームの先には芝生の庭が広がり、陶のテーブルが。

中庭には茶室へと続く和風の庭が設えてあり、部屋ごとに変化が楽しめるようになっています。

志賀直哉って贅沢趣味な人だったんだな~と、その人柄を想像しました。

|

« 入江泰吉 Nara City Museum of Photography | トップページ | 木守(きまもり) »

旅 国内編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 入江泰吉 Nara City Museum of Photography | トップページ | 木守(きまもり) »