« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

新しい根津美術館

Cimg6561_2学生時代に何度か訪れたことのある根津美術館が改装され、記念特別展を開催していると知って、訪ねることにしました。

なるほど一面ガラス張りのエントランスホールになっていました。

でも、以前はどんな建物だったか・・20年前なので記憶が定かではありません。

Cimg6564 正面入り口からエントランスホールまでのアプローチには手水鉢と竹林の通路が設計されています。

現代の茶室への路地というコンセプトなんでしょうか。

Cimg6577 

中庭は芝生の緑が美しい明るい庭園へと変わっていました。でも左端の白い石畳の通路を辿ると、昔ながらの山水に囲まれた根津青山の茶室が点在する回遊式庭園に続きます。

Cimg6574

この庭園から望む東京のビル群のイメージだけは、20年前の記憶にぴったり重なります。と言ってもビルも新しいかもしれませんが・・・大都会の中に深山の静寂を取り込んだ、なんとも贅沢な空間に、学生時代から魅了されていました。思えば、その頃から茶の湯に憧れていたのかもしれません。

| | コメント (0)

表参道散策

Cimg6583学生時代以来20数年ぶりに、表参道から根津美術館までの通りを歩いてみました。

Cimg6582 当時の記憶も定かではないのですが、でもヨックモックや青南小学校は昔のままです。

Cimg6555_2

街角にはすでにクリスマスツリーのデコレーションも。

Cimg6557_3 

菱形の変形ガラス窓のビルはプラダ。

カルティエ、プラダと高級プティック街になっていたみたい。

Cimg6560 外国人観光客も街並みを撮影したりしていましたよ~。

| | コメント (0)

東京タワーからの眺望

Cimg6614_2 東京タワーの足元まで到着し、展望台の入場券を買って、エレベーターホールに入ります。

Cimg6618 今年の10月に1億6千万人目の入場者が出たようで、赤い垂れ幕がかかっていました。

日本の人口が1億2700万人くらいだから、もう日本人全員が一人1回以上登った計算になるんですね。もちろん、外国の観光客も多いし、日本人で登ったことのある人の方が少ないでしょうけど・・・。

Cimg6628_2

地上150mの大展望台で乗り継ぎ、地上250mの特別展望台へ。

一階フロアから大展望台までは4基のエレベータで次々に登れますが、ここから特別展望台までは1基のみのピストン運行のため、長蛇の列。朝の比較的空いている時間だったのですが、それでも15分待ち。

入場料も150mまでは820円ですが、250mだと1420円に跳ね上がります。

地上250mの特別展望台からの眺めです。

Cimg6632

こちらは150mからの六本木方面。ややビルの角度が水平なのが分かるでしょうか?ちなみに左の高層ビルが六本木ヒルズ、右側のが東京ミッドタウンだそうです。

Cimg6622

| | コメント (0)

都営浅草線大門駅から東京タワーまでの道

Cimg6643月曜日は五反田に泊まり、都営浅草線で大門駅を出ると・・・・ジャーン!目の前に東京タワーが聳えていました。

ビル街の向こうに群を抜く存在感で立っています。ちなみに大門駅の「大門」って芝増上寺の総門(大門)が隣にある駅だからなんですね。写真の道路の奥に見えている屋根瓦がそうです。

皇居の周辺には半蔵門とか桜田門という駅名もありますが、増上寺にも「大門駅」の他に都営三田線の「御成門駅」というのがあります。4年も東京に住んでいたのに、大門駅で降りたのも、東京タワーも初めてでした。

Cimg6607 

大門を通り抜けて、さらに進むと今度は三解脱門(重要文化財)の風格ある姿の上にタワーが見えてきます。

Cimg6644

三解脱門を潜って境内に入ると、正面には威風堂々とした本堂があり、その脇にまるで増上寺の五重塔であるかのように東京タワーが後ろを守っていました。

増上寺と東京タワーって、こんな密接な関係にあったのね。知らなかったぁhappy01

さて、明日は東京タワーから観た都心の風景をレポします。

| | コメント (0)

ザッ TOKYOタワー

Cimg6682やれやれ2週続けての東京詣で・・・と言っても先週は日帰り、今週は出張を兼ねた2泊3日の旅行でした。

今回は出張先が東京タワーの麓の機械振興会館だったこともあり、隣の東京プリンスホテルに宿泊。

部屋の窓からまじかにタワーを眺め、生まれて初めてタワーに上り・・・・東京タワーを満喫して来ました。続きは、またレポします!

| | コメント (0)

空也餅

Cimg6545 銀座の空也は最中が定番ですが、季節限定でこの空也餅を販売しています。

彼の有名な漱石の「我輩は猫である」の一節に「空也餅がくっついて・・」というクダリがあるのだそうで、当時から東京ではポピュラーな食べ物だったのかも知れません。

その日限りの生菓子です。確かに1日置いたら、皮が固まってしまいました。ああ、もったいない~weep

| | コメント (0)

肩こり

Cimg6536

ここ数日、肩こりが激しく、偏頭痛まで出てきちゃいましたsad。急に寒くなったのと、仕事の繁忙感が増したのとの相乗効果かな・・。

そんな訳でブログ作るのも、少しトーンダウンしています。

明日からまた東京なので、ブログ取材もしてくるつもりなのですが、う~ん、なんとか良くならないかなぁdespair

| | コメント (0)

東京国立博物館

Cimg6484上野の東京博物館で11月12日から29日まで、陛下ご即位20年記念の特別展「皇室の名宝展・2期」を開催中です。

Cimg6487 11月12日はご即位20年を記念して入場無料だったようですが、わたしは1300円を払って入場しました。結構高かったですが、さすが宮内庁が特別展と力を入れるだけあって、日本史の教科書に出てくる・・つまり日本を代表する名品がいっぱいです。なかでも感動したのが「聖徳太子筆の法華義疏」「伝藤原行成筆の粘葉本和漢朗詠集」「伝橘逸勢筆の伊都内親王願文」。法華義疏は飛鳥時代のものと思えないきれな墨色のものでしたし、和漢朗詠集の芸術品としての完成度の高さは平安時代の日本人の美意識をみごとにあらわすものでした。逸勢の願文は、カックィィ~と感じるシャレた書でした。

青銅色の屋根をつけた表慶館は建築家コンドルの弟子の片山東熊の設計で、明治末期の洋風建築を代表する建物のひとつだそう。Cimg6483

植栽の向こうには、東京芸術大学の風格のある建物が見えます。

Cimg6490

表慶館をグルッと裏手に回ると、こんどはモダンな現代建築の法隆寺宝物館があります。これは平成11年の建築学会賞を受賞した建物。

奥にはホテルオークラのレストランも入っていて、ゆっくりとランチを楽しむには絶好の穴場だと思います。ただ、展覧会のついでじゃないと博物館の入場料600円が必要になっちゃいます。

| | コメント (0)

上野散策 続き

Cimg6502上野公園内を歩いていたら、あちらこちらでストリートパフォーマンス(大道芸)のオジサンに人だかりが出来ていました。

Italy_021_sh01_2  イタリアを旅すると、街の広場にピエロや流しの演奏家がいたのが印象に残ってますが、上野もイタリアに近くなって来たのかも・・think

Cimg6469

今回の上野は初挑戦が二つ。一つは上野動物園に初めて入りました。学生時代の4年間、結構上野には通ったのに動物園は一度も入ったことなかったんですよね~。でも、バンダも居ないし、ライオンやトラのゲージの前は、すごい人で動物よりも人間の見物って感じだし、ちょっと期待はずれでした。でも、タダだったからしょうがないか。

Cimg6511 二つめの初挑戦が、初めての寄席見物。上野御徒町の広小路亭に行ってみました。

残念ながら、あまり有名な落語家さんは出演してなかったのですが、お江戸文化の香りを嗅ぐことはできたような気がします。

| | コメント (0)

上野散策

Cimg6506_2週末、土日キップを利用して東京をブラ旅してきました。

土曜日はカミさんが冷泉家の乞巧奠を見に行ったので、日曜はわたしも上野へ。

丁度陛下の即位20年記念行事期間で、国立博物館では「皇室の秘宝展」が開催中。上野動物園はなんと入園無料となっています。

Cimg6462_2

わたしは、東京都美術館で「冷泉家 王朝の和歌守展」を鑑賞 

Cimg6464その後、上野動物園へ初入園!パンダを見ようと思ったら、なんと昨年4月にリンリンが死んじゃって、パンダはもういなかったんですね。ついに上野のパンダは見れないままの人生になっちゃいました。 

Cimg6481 疲れたので、屋台でピザを食べた後、国立博物館で「皇室の秘宝展」を鑑賞 

Cimg6512_2  上野広小路亭で寄席を見物しながら休憩 ⇒ 上野から東京に

とかなりハードなスケジュールでした。

 

| | コメント (0)

酸辣湯麺(すーらーたんめん)

Cimg6445今日のお昼は外食。

吉岡の中華食堂「美華」で酸辣湯麺を食べました。

すっぱいラーメンってどうかな・・と思っていた私でしたが、以外とイケる。

なんだか鳩山首相も好物だそう。

酸味と辛味があわさったスープに、細切りにした豚肉、豆腐、たけのこ、しいたけ、白菜、卵などが入って、具沢山のラーメンです。

| | コメント (0)

仙台ロイヤルパークホテルのイルミネーション

Img_084911月1日から泉パークタウンの仙台ロイヤルパークホテルのイルミネーションが始まりました。

Xマスにはまだまだ遠いのですがね~。そんなことをぼやいていると、あっと言う間に年の瀬になっちゃうんでしょうね。

Cimg6438

最近は日暮れが早く、会社を出るのが少し遅くなるともう真っ暗。

そんな中で、車道の両側にイルミネーションの林が輝いているこの十字路を横切るのが、最近のひそかな楽しみデス。

| | コメント (0)

続 やまね村10周年パーティー  「棒しばり」

Img_0886_2

やまねパーティーの余興は、素人狂言「棒しばり」。

殿役が直前まで決まらず、狂言をやると言ったこと自体が「狂言」になりそうだったとは、太郎冠者役のくまさんことやまね村村長さん。

Img_0884_2 いのっちさんの次郎冠者役もすっかり板に付いた観があります。

今回の大ヒットはY口さんの殿役。急遽決まったピンチヒッターとは思えない演技とひげが大うけ。

Y口さん家は、今回はお嬢さんもバンド演奏でパーティーを盛り上げてくださり、大活躍でした。(今回のMVPでしょう!)

Img_0852_2 フロアーでのお抹茶のおもてなしは、やまね村の子供たちがやってくれました。

受付から司会まで、全て当日にお願いしたにも係わらず、なんでも捌いてくれました。

初めてキャンプした頃は、まだ小学生にもなってなかったのに・・・・ホントにみんな成長したね~crying

| | コメント (0)

やまね村開村10周年記念パーティです

Img_0863今日はエクセルH東急でやまね村10周年の記念パーティが開催されました。

Img_0872

やまねのパーティなので、やっぱりお茶会を・・・とウェルカムドリンクの代わりにフロアでお茶を点てて、おもてなし。

今日の掛け物は「青山緑水是我家」。やまね村のみんなの気持ちをそのままにしたような言葉ですね~。

Img_0854

昔懐かしい写真も持ち出して、みんなで鑑賞しました。子ども達がなんて大きくなったこと! そして、みんな若かった~confident。なんだか、季節はずれの懐メロ大会みたいになっちゃいました。

| | コメント (2)

今日は立冬~

Cimg6437今日から立春(2/4)の前日までが暦の上では冬だそうです。

とは言え、今日は20℃を超える陽気で、ジョギングしても汗でびっしょりになるくらい良い天気でした。

そこで冬の気配を拾いにご近所をブラブラ。

公園脇の小道には落葉の山ができていました。

Cimg6435 見上げると、街路樹が黄葉して冬の陽射しに映えていました。

| | コメント (0)

有明の月

Cimg6426いま来むと 言いしばかりに 長月の 有明の月を待ち出でつるかな   (素性法師)

今週は3日の満月以降、朝きれいに残り月が空に浮かんでいます。

満月以降10日間くらいは毎月朝の月が見られるそうなんですが・・・正直、あまり意識したことがなかったです。

自然界や天空の呼吸に気付かないまま過ごしている現代人の典型ですね~。

今年は月の満ち欠けや節句などの季節の変化に、よくよく目を凝らして生活してみようと、春先に目標を立てたのですが・・・うっかりすると、季節が通り過ぎていることに後から気付くことが多いですね。

それでもジョグを始めてからは、外の空気に触れる時間が多くなり、前よりは季節の動きに敏感になっているかと感じています。最近はめっきり空気が冷たくて、グローブがないと走るのがつらくなって来ました。

| | コメント (0)

松島 円通院ライトアップ

Cimg4217昨年から秋の観光シーズンのイベントとして始まった松島ライトアップ。

昨年の11月の初めに叔父達の東北旅行のツアコンで行ってきました。

2回目の今年は円通院さんだけ入園料を500円取るようですが、昨年は円通院も瑞巌寺も入場料を取っていましたね~。不評で止めたのでしょうか?

Cimg4220 円通院のご住職は妙齢のお嬢さん。なかなかきれいな方だったと思います。そのせいか、ボランティアの男性陣がたくさん手伝いに来ていて、ライトアップされた林の中で横笛の演奏をする方がいたり、時間によって照明の色が変わったりと、演出に力を入れて頑張っていた印象があります。

でも、紅葉シーズンはやっぱり鳴子とか、蔵王とか山の彩りには勝てませんかね~。松島の牡蠣食べ放題はなかなか魅力的ではありますが・・・。

| | コメント (0)

泉ケ岳に初雪~

Img_0837今年一番の冷え込みで、あらら泉ケ岳に白い壁が・・・。

どうやら今年の初雪でしょうか?

紅葉を何時見に行こうかと思案している間に、冬が急接近って感じです。今年はタイヤ交換は早い方がいいかも知れませんね~。

Cimg6424

ついでに今日は満月でした。先月の満月は仲秋の名月でしたが、今日のお月様も負けず劣らず見事な形デス。

祝日の一日、自然の変化を楽しみながら過ごすことができて、気持ちがとてもゆっくりしています。サア、明日からまた仕事、仕事!

| | コメント (0)

タイ料理のお店 バンタイランナー

Img_0832一番町にあるタイ料理のお店「バンタイランナー」に行ってきました。

タイは3年前のGWに家族でプーケットに行って以来ご無沙汰。

バンコクの知り合いとも、政情不安や、先方の交通事故のトラブルやらが続く間に、音信不通になってしまい、タイの記憶も曖昧になりつつありましたが、本格的タイ料理にめぐり合って、当時の懐かしい記憶がよみがえってきました。Img_0833

わたしが頼んだのはガイ・パッ・パイカパオ(鶏肉のバジル風味炒め)。ちょっとピリ辛と書いてありましたが、タイのちょい辛はわたしには超辛happy02。味はいいんですけどね~。汗が出て大変でした。Img_0834

連れがオーダーしたのはパッタイ(エビともやしの米麺の焼きそば)。これは小さなエビも一杯入っていて、香ばしくて美味い!

これにヤムウンセンという春雨サラダとトムカーガイ(鶏のココナッツスープ)、食後にコーヒーとデザートがついて1050円のランチになっています。

Img_0835

デザートはサークーガティ(タピオカ入りココナッツミルク)。

辛さに痺れた舌に、ココナッツミルクの甘さが優しく感じられます。

Cimg1644_2

お店の女の子3人はタイの子でしたが、日本語もかなり上手。留学中なのかなぁ?

店内に入ると「サワディクラッ」、お店を出るときも「コップンカッ」と懐かしいタイの言葉が。こちらも手を合わせて挨拶を。

ああ、南国のゆったりとした時間の流れとけだるい暑さが懐かしい・・・・weep

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »