« 早めの忘年会 | トップページ | いよいよ大雪ですが »

霜月の子ども茶道教室のこと

Img_0899

Img_0897 もはや1ヶ月も前の話になってしまいましたが・・・・11月というのは,茶の湯では大事な「炉開き」の季節。

お茶の世界では「お正月」に当たるほど晴れ晴れしい季節なのです。

本来は「口切りの茶事」と言って、五月に摘んだ新茶の葉を大切に茶壷で保存していたものの封印を切って初めて使おうという趣旨。

それが炉の季節に合わせて行われることで、お茶人達には、つくづくとお茶の美味しさと楽しさを思い返す季節になるわけです。

Img_0898

だから、ホントは炉の風景を載せるハズだったのに・・・お馬鹿なワタシは、肝心の写真を撮るのを忘れてしまい・・・そのうち代用の写真をとろうと思っている間に・・1ヶ月も過ぎてしまったという次第ですcoldsweats01。しかも、写真取れなかったし・・。

お菓子は吹き寄せ。秋の落葉が木枯らしに吹き寄せられている風情ですcatface

|

« 早めの忘年会 | トップページ | いよいよ大雪ですが »

茶の湯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 早めの忘年会 | トップページ | いよいよ大雪ですが »