« いよいよ大雪ですが | トップページ | 突然ですが・・ »

クリスマスの和菓子

Img_0919先週末は、カミさんがやっている伝統文化子ども書道教室で、茶の湯の稽古を行いました。

なぜか私も当然のように駆り出され、裏方で水屋を担当させられてしまいました。

Img_09262 書道と茶の湯ってどうつながるの?という方もいらっしゃるかも知れませんが・・・・。

子ども達は、みんな芳名帳に一人一人、小筆で名前を書くきまりです。

今時、結婚式や葬儀の芳名帳では、大人でも筆ペンやペンに逃げるのに、子ども達はきちんと筆で書いていました。まあ、書道教室の稽古ですから・・・当然と言えば当然なんですが・・・でも、なかなか大したものです。Img_0923

掛け軸は、カミさんの大学の先輩が鳩居堂での作品展示会の時に出展していた作品だそう。

むむっthink・・・むづかしくて、なんという字か読めないっ・・・。

カミさんいわく「現代では使われていない、昔の漢字なんだって。今は和という字にまとめられちゃった昔のワの字。」だそう。茶会のテーマの「わ」に合わせて、お菓子も名古屋の籐団子。熱田の伝統のある干菓子ですが、五色の輪がオリンピックのようにカラフルで、いつも楽しいお菓子です。

|

« いよいよ大雪ですが | トップページ | 突然ですが・・ »

茶の湯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いよいよ大雪ですが | トップページ | 突然ですが・・ »