« 再び春の超ドカ雪 | トップページ | あれから三ヶ月 »

うぐいすの初音

Img_1895 今朝、いつものようにdogの散歩をしていたら「ホーケキョ」というか細い声が・・・・。今年はじめての鶯の音です。

気が付けばもう三月も十三日ですから、うぐいすが鳴いてもおかしくは無い時期ですが、うぐいすの音を聞くと、「うん、これでもう春だ」としっか安心できるような気がします。

写真は円菓さんの「早わらび」です。

岩ばしる 垂水の上の早蕨の 萌え出ずる春になりにけるかも

万葉集の中の大好きな早春の和歌です。草の春=早春はもう終わり、そろそろ花の春=仲春なんでしょうね。花吹雪が散る晩春までを、三春と呼ぶそうです。ちなみに福島には滝桜で有名な三春(みはる)という城下町がありますが、これは梅・桃・桜の三つの春が一度に、花を咲かせる町だと、由来を聞いたことがあります。

|

« 再び春の超ドカ雪 | トップページ | あれから三ヶ月 »

日々のこと・お天気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再び春の超ドカ雪 | トップページ | あれから三ヶ月 »