« 茶箱 | トップページ | 茶会反省文 »

逢花打花 逢月打月

Img_2283 今日は久々のお天気sunでした。おかげさまで、船岡でのお茶会も無事終了。

今日の掛け物です。「花に逢えば花を打し 月に逢えば月を打す」。花を見れば花を心から愛でる、月に逢えば月の美しさを心から思う。後に思いを残さず、今この時に心を集中する。生きることの真の意味を問うた禅語ですが、茶の湯を楽しむ数寄者の美学にこれほどぴったりする言葉はなかなか無いかもしれません。

小さくて見えにくいですが、お花は花筏にイカリ草と雪笹。イカリ草はもう旬は過ぎていましたが、庭になんとか咲いていたのを、今朝摘んで来たものです。

今年上期の茶の湯イベントはこれで概ね終了。流石に今日は、船岡8時到着、茶会が9時から3時半まで、休みなしのぶっ通し、後片付けをして、自宅に戻ったのが午後6時すぎと会社での仕事よりもハードなスケジュールでした。

|

« 茶箱 | トップページ | 茶会反省文 »

茶の湯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茶箱 | トップページ | 茶会反省文 »