« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

さようなら七ツ森

Img_2354 ついに七ツ森の山々にお別れを告げる日が来てしまいましたweep。今朝は、わたしの所属する仙台市内の本社で辞令を受けた後、七ツ森の会社でさらにお別れ辞令をいただき、ここでの仕事に区切りをつけました。

サラリーマンにとって転勤辞令は人生そのもの。人生は旅と言われることがありますが、出会いと別れが交錯する人事異動は、旅と同じかもしれません。

あまりに楽しすぎた七ツ森の日々。よき仲間や上司に恵まれ、仕事も楽しく、プライベートでも大切な方との別れの時間を作ることができたし、一人旅を楽しむこともできました。

七ツ森のみなさんの暖かさに感謝しながら、さよならして来ました。

明日からは、仙台勤務。バス通勤は苦痛だニャ~catface

| | コメント (0)

梅雨空のやまね村

Img_2357 異動直前の週末、今年二度目の一人と一匹キャンプ。生憎の梅雨空で、焚き火は湿り勝ちだし、タープを張らないとリビングスペースは取れないし、まあ悪天候の時のアウトドアはこんなもんでしょうか。

Img_2359 それでもうちのdogはルンルン♪。なんでこんな楽しそうな顔できるのかな~。

先週は送別会と歓迎会に招いていただき、下戸のわたしには、ちょっとハードな一週間でした。気持ちをリフレッシュしたら、また、一からスタートです。

| | コメント (0)

すていき小次郎

Cimg7086  すてきい小次郎は、晩翠通り沿いのファッションホテルの角を曲がった裏道にあります。周りはファッションホテルに囲まれ、このロケーションは、知らない人はちよっと行きづらいかも知れない・・・think。ひょっとしたら、「ステーキ食いに行こうか。」と誘った流れで等とよからぬ魂胆で来るお客さんも・・・とあらぬ想像をしてしまいがちbleah

でも、仙台では高級仙台牛すていきの老舗として有名なお店なので、昔っから一度行って見たいと思っていたのでした。

Cimg7106_1 一客一亭の志のお店。個室ごとに鉄板焼きがセットされ、目の前でお肉をジュウジュウ焼いてくれちゃいます。

Cimg7110ジュウジュウと焼くのは、特選仙台牛ヒレ100g。オーダーはレアとミディアムレアに分かれました。

Cimg7113 こちらはミディアムレア。生醤油か柚醤油に漬けてと言われましたが、あえて生山葵を所望。山葵だけのシンプルな味付けが肉の旨みを引き立てます。

Cimg7114Cimg7115_2〆はガーリックライスに。でも、この辺りから当初予算をはるかにオーバー。だってガーリックライスだけで千円しちゃうお店。beerと冷酒をドンドン入っちゃったらcoldsweats01

実はこの日はワタクシのバースディbirthday兼送別会。我儘を言って、一度も食べた経験のなかったこのお店を希望したのですが、基本的にノンアルコールのわたしは兎も角、宴会にアルコール抜きが考えられないメンバーにとって、1合1700円の冷酒はちょっと高すぎました。お会計は・・・う~ん、温泉1泊でも十分OKな値段に・・。

みなさま、お財布お疲れ様でした。でも、さすがに美味しかったねdelicious

| | コメント (0)

あと1週間

Cimg7080早いもので、もう十日ほどで六月も終わりです。今週末は梅雨空の予報だったのに、思いのほかrainは少なく、今日も通り雨が過ぎた後は、夏の日差しでした。 この間まで早苗だった水田も、何時の間にか青々と茂ってきました。

夕暮れ時の涼しさも、夏の宵と言ってもいい感じ。Tシャツ一枚で、少し汗ばむくらい。ようやく夏が来たかな。

話は変わりますが、まだ、正式ではないけれど、思いがけず今月中に七ッ森を離れることになりました。

一昨年から二年間、朝夕の通勤で眺めてきた七ッ森の景色とも、これでしばらくお別れ。明日から1週間、遣り残している仕事の後始末をして、今度来る方への引継ぎと、わたしの新しい仕事の準備と、その合い間にお別れ会やらでバタバタしそうです。

人事異動は出会いと別れ。われわれにとっては人生そのもの・・かもしれないと、最近感じます。せっかく出来た仲間達との別れは寂しいけれど、また新しい世界が開けてくることを信じて、前に進むしかありません。

立つ鳥跡を濁さず。気持ちを引き締めて、最後の仕事に取り掛かります!!

| | コメント (0)

車酔い

Cimg7077 我が家のdogは車が苦手。まだ連れて来たばかりの頃、ドライブに連れて行ったら、途中で車酔いして暴れ始め、降ろしたとたんにゲーゲーと吐き始めました。

それがトラウマになったせいか、車には抵抗感が強かったdogですが、昨年から毎日1回は車に乗せて2分くらい走らせます。

その甲斐あって、dogも随分長い時間、車に乗れるようになりました。

Cimg7078 おっ、なんだか道路の左に散歩中の犬が・・・。

Cimg7079 今度は道路の右側だ。

1年間の修行の甲斐あって、我が家の駄犬もしばらくはドライブに耐えるようになりました。

その成果が先日お知らせした「一人と一匹キャンプ」でした。蔵王の山中まで約1時間半の道程を、dogは窓から頭を出しながら、ずっと辛抱していましたが、その甲斐あって無事やまね村まで車で出かけられるようになりました。

| | コメント (0)

三丁目の夕日

Img_2350 梅雨rainに入ったかと思ったら、いきなり真夏の暑さになっちゃいましたcoldsweats01。夕陽もジリジリと熱そうなくらい、大きくてくっきりしています。

この時期の夕日は、去年も何度かブログにした記憶がありますが、とても大きくてキレイです。でも初秋のような夕焼けができる訳で無く、山の端にストンと落ちてしまいます。

暑くなって、ジョグもTシャツと短パンだけで十分になってきました。やっぱり服装が軽いといいですね~。

カンボジアの友人は「暑いより寒いほうがまし。寒い時はたくさん着込めばいいけど、暑いのは裸になっても暑い。食欲もなくなるし~」と言います。確かにカンボジアの日中の暑さはハンパじゃないですよ。灼熱って感じ。お昼に木陰から出てしまうと熱中症で倒れると思います。マジで。

そういえばアンコールワットの夕日もキレイだったなぁ。

| | コメント (2)

FIFA ワールドカップ

Cimg0424一昨日のカメルーン戦の勝利で、いきなりヒートアップしてきた2010FIFAワールドカップ 南アフリカ大会ですが、四年前のドイツ大会の時には、こんな国が出場していたの覚えてます? 左上隅がアンゴラ、右隅上のコートジボワールとそこから三番目のトリニダード・トバゴ。初めて名前を聞く国と国旗が珍しかった記憶があります。

実はこれ、4年前にイタリア旅行のお土産にローマのスポーツショップで買ったTシャツの背中。すっかり記憶から消えてましたが、長男が着ているのを見つけて、思い出しました。

イタリア旅行は、当時転勤前の自分へのご褒美にと計画した一人旅。予感は的中し、新潟単身赴任となりましたが、あれから早や四年。この間、新潟からここ七つ森に転勤し、さらにまた人事異動の季節を迎えています。

サラリーマンの転勤って、これまで築き上げた仕事の成果だとか、信頼関係だとか、皆ゼロクリアされてしまうイベント。毎回、少しだけ気が重いイベントです。

このところ、ブログの更新に気が向かなかったのも、なんだか精神的に落ち着けていないせいかもしれません。まあ、まだ決まったわけじゃないんだけど。

| | コメント (0)

仙台市街地の変貌

Cimg7058 新潟に単身赴任2年。現在の七つ森で過ごして2年。4年も仙台の繁華街から遠ざかっている間に、仙台はビルの再開発が進み、1度も足を踏み入れたことのない建物がやたらと増えました。

これは昨年7月11日にオープンした仙台ファーストタワー(オフィス用の高層ビルと商業施設の低層ビルを組み合わせた複合施設です。写真の正面は低層ビルの「藤崎ファーストタワー館」。グッチやセルジオ・ロッシのショップが入っているらしいが、一度も足を踏み入れたことはないので、ホントかどうかはわからないconfident

右はじのアーケードのさらに右は、旧佐々重ビルの跡地になっていますが、先ごろ再開発ビルのコンセプトが発表され、また新たな商業施設ができるらしい。仙台は全国的な不況下にあっても、結構投資が進んでるんだよね~。不思議だけど。

| | コメント (0)

ごみ出し

Cimg7075 火曜日は「家庭ごみ」の日。先週日曜日はよく晴れたので、梅雨前の庭の手入れをしたところ、剪定して落とした枝がいっぱい出てしまい、ゴミ袋一セット使い切ってしまいました。今朝は、庭の隅に溜めていたゴミ袋を車で集積所まで運びましたが、愛車の後部はギュウギュウでこんな感じになってしまいました。

床屋さんの散髪と同じで、樹木の枝を梳いて風通しをよくしたり、勝手にニョキニョキ伸びた枝を綺麗に形を整えて剪定したりと、庭仕事も結構奥が深いものです。

| | コメント (0)

笹百合

Img_2333 ようやく衣替えの季節らしい天気になりました。とは言え、仙台は20℃前半まで。まだまだ夏を匂わせるような暑さにはほど遠い爽やかな気候です。

昨日のsunで、庭の笹百合が見る見るピンク色に色づき、夕方には花を開いていました。これは朝露に濡れた蕾の姿ですが、なんというか、ちょっと艶かしいピンクですよね。

笹百合はもともと西日本の花で、東北の野山には馴染みのない花です。東北の野山で、笹百合に近いのは乙女百合と呼ばれるピンクの百合ですが、笹百合よりももっとピンク色が強い感じがします。

いずれ新緑が生い茂り始めた初夏の野山に、このピンク色はとても刺激的です。

春過ぎて 夏来にけらし白妙の  衣干すてふ 天の香具山(持統天皇)

百人一首でわたしが初めて覚えた札が、衣替えの6月を詠ったこの歌。偶然にも自分の誕生月の和歌であったことで、より愛着を覚え、いつの間にか「十八番(おはこ)」になっていました。笹百合の風情と、百人一首に描かれた十二単の持統天皇の姿に、いにしえの大和の女性の面影を連想するわたしです。

| | コメント (3)

チェンダナ・リゾート&スパ

Cimg4395 一昨年のバリ旅行で滞在したホテル。繁華街の直ぐ近くにありながら、敷地に入ると、辺りは一面水田の緑に覆われています。田圃に面してプールがあります。青々とした田圃を見ながら泳いでいると、田舎の中学校のプールを思い出しました。

Cimg4399

チェンダナホテルは、1泊5000円クラスのロープライスホテル。でも、プールもあるし、朝食もコンチネンタルとローカルフーズをミックスしたのが食べられるし、リゾートホテルの機能は十分満たしてます。高級リゾートホテルはバリの売りのようだけど、一人旅にはこのクラスで十分。

フロントのAYUちゃんは16歳。(いまは18かな?)はにかみながら、挨拶してくれる笑顔が、一人旅の緊張感をほぐしてくれました。

最近、プールサイドでボーッとしながら寝転がっていた時間を、よく思い出します。うん、やっぱり体がリゾートを求めている!!夏休み休暇は、も一度ウブドで癒されてこようと思います。

| | コメント (0)

苧環

Img_2327 苧環(おだまき)なんてあまり珍しくないかもしれませんが、我が家の庭にはなかなか根付かず、きっと相性が悪いんだ・・・と諦めていたところ、なぜか数年前から庭陰に置きっ放しになっていた古瓦の鉢の上に、1本だけスラリっと咲いているのを見つけました。

昨年も、一昨年も花を見た記憶がないのですが、何時から其処に住んでいたのでしょうか?

園芸種の西洋おだまきは、花も姿も大きく華やか過ぎてあまり好きになれず、赤紫と黄色の山苧環も色合いがイマイチ。この苧環の小ぶりで、青味がかった紫の花だけが気に入って、もう6~7年前に庭に植えた記憶があります。

今頃、花を付けてくれるなんて、すごく幸せです。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »