« 焼鳥酒房 土竜(MOGURA) | トップページ | 猛暑の凌ぎ方 »

クロちゃん追悼コンサート in YAMANE villege

Img_2427 毎年7月にみんなで集まる夏のやまねキャンプ。今年は特別な意味がありました。

我が家の長男長女が小学生の間、毎冬のように通った山形蔵王ゲレンデで、スキーの先生をしてくれたクロちゃんがなくなって、今日で四十九日。昨日は、私達がクロちゃんと知り合ったやまね村で、クロちゃんを偲んで追悼コンサートがありました。

Img_2433追悼コンサートに来てくださったのは、地元蔵王を中心に活動しているデュオ、フェザーのふたり。夕方のやまね村の蝉時雨の中、美しい歌声を披露して下さいました。

キャロル・キングのユーガッタ フレンズ、サイモン&ガッファンクルの明日にかける橋、そしてスマイルと私達を励まし、クロちゃんの面影を偲ばせてくれる選曲に、フェザーのおふたりの暖かさを感じました。

スマイル たとえ心が痛んでも、スマイル たとえ心が引き裂かれても

空に雲がかかっても 大丈夫

微笑めば 悲しくても怖くても 微笑めば きっと明日は

人生はまだまだ捨てたものじゃないと思えるんだ

クロちゃんが亡くなって、初めて彼が同い年だったと知りました。優しくて、頼りがいがあり、子ども達が大好きだったクロちゃん。訃報を聞いたとき、信じられなかったけれど、でも、人生の中の別れって、こういう風に突然くるんだと、毎回毎回、打ちのめされます。まだまだ「ありがとう」をきちんと伝えられないまま、先に逝かれてしまったことが、残念でなりません。クロちゃんの冥福をみんなと一緒に祈った今年のやまねキャンプでした。

|

« 焼鳥酒房 土竜(MOGURA) | トップページ | 猛暑の凌ぎ方 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

ままちゃん、キャンプお疲れ様でした。
Y家のフルメンバーでの戦線復帰をみんなで待ってました。
みんな少しずつ歳を重ねたけど、気持ちは昔のままです。
人生の時間の許す限り、こうやってみんなで過ごせる時を作っていきたいと願っています。

投稿: anchan | 2010年7月28日 (水) 23時23分

クロちゃんと出会ったやまねで、みんなでクロちゃんのことを思い出しながら、懐かしい素敵な歌を沢山聴かせてもらって、とても穏やかな気持ちになれた、そんなひと時でした。
クロちゃんも一緒に聴いてくれてた気がしたよ。
時が経ち、キャンプで会えない人たちもいるけれど、それでもどこかで元気にしていてほしい、わたしも元気に暮らしていこうと思います。
あんちゃん、これからもよろしくね。

投稿: ままちゃん | 2010年7月28日 (水) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 焼鳥酒房 土竜(MOGURA) | トップページ | 猛暑の凌ぎ方 »