« 続・西表島探検 サキシマスオウノキを見る | トップページ | 十五夜 »

西表島・マングロープの芽

P9040074 サキシマスオウノキを見た帰り道。本流をそれて、ちょっとだけ支流の探検を楽しみました。

P9040076 支流の岸辺の砂地の中に、マングローブの根っこがニョキニョキ張り出しています。こうやってマングローブの木々は足場の弱い砂地でも、複雑に根を張り巡らせて、成長していくんですね。自然の知恵だなあ。

P9040077森の中で1本のヒルギの芽を発見。枝から落ちた実が、砂地に垂直に刺さって、先端から芽が伸びています。

ちなみに、マングローブは海水の中に根を生やして生息する植物の総称。ここ西表のマングローブの森は、オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギなどの樹林でできているそう。(ヨゴネエの受け売りです)

P9040051ヨゴネエは、本名は余語(よご)さん。珍しい苗字ですが、滋賀県の北部の地域にある名前だとか。本人は東京で生活していて、ここ西表島に移り住んだのだそう。もう10年近く暮らしているそうです。

島の暮らしに憧れる観光客は多いだろうけど、本当に生活していくとなると、不便なことも沢山あるだろーな・・と思います。旅をすると、いろいろな人に、いろいろな生活に、いろいろな人生に出会えます。そして、それぞれの生き方がみんな大切で、自分の生き方に謙虚であれと教わることが多い気がします。

|

« 続・西表島探検 サキシマスオウノキを見る | トップページ | 十五夜 »

旅 国内編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続・西表島探検 サキシマスオウノキを見る | トップページ | 十五夜 »