« 今朝の日の出 | トップページ | やまね村の秋の終わり »

晩秋のひとりキャンプ

Img_0078 週末ふいに焚き火がしたくなり、急遽、山小屋に出かけました。夕方から出かけたので、山に着いた時には、もうとっぷりと日も暮れ、辺りは真っ暗。とにかく急いで火だけ熾しました。

Img_0079 灯りと暖が確保できると、気分にも余裕がでます。清水を汲んでお湯を沸かし、まずコーヒーを一杯。それから持参したワインのハーフボトルを徐に開けました。

Img_0080夜が更けてくると、さすがに冷え込んできたので山小屋に避難。夏用のシュラフを二枚重ねにして包まったものの、かなり寒い!仕方が無いのでワインで酔っ払って、その勢いで寝ましたcoldsweats01

Img_0088 朝、目が覚めるとやっぱり寒い!これは焚き火で暖をとるしかないと、朝五時半から起き出して火を熾しました。暖かくなって、コーヒーを飲むとようやく一息つけました。

Img_0086 朝食は、焚き火で焼いた焼き芋です。外はかなり焦げちゃいましたが、中はしっかりホクホクに!!山の朝は、何食っても、それなりにうまい気がします。

山にいる時間は、基本的に火を焚いているか、読書しているか、食べているか、ほぼこの三つしかしていません。このシンプルさが、山篭りの魅力です。

|

« 今朝の日の出 | トップページ | やまね村の秋の終わり »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今朝の日の出 | トップページ | やまね村の秋の終わり »