« 朝日の泉ヶ岳 | トップページ | CEPPA(チェッパ)の生パスタ »

炉開き

Img_0105 昨日の子供茶道教室は「炉開き」。ホントは11月の亥の日なのだそうですが、緑水庵の茶室が借りられる土曜日に日にちが制約されるので、これは仕方ありません。

久し振りに炉に炭を入れて、釜の湯を沸かしました。やっぱり炉はいいなぁ~confident。炭の香り、暖かな湯のぬくもり、五感が喜びを感じる・・・しみじみとそう思います。

Img_0101 Img_0103 Img_0104_2 今日の掛け物は「彩鳳舞丹宵」。花は紅葉に椿。炉開きは茶人のお正月。お目出度さを縁起物の鶴の香合にしたところ、一緒に教室の手伝いをしているRちゃんから、今日は「玄猪包」じゃないと・・・とチェックが入りました。

Img_0118 よく知ってるね~。確かに炉開きのお決まりから行けば、お菓子は亥の子餅で、香合は玄猪包デス。

Img_0110_2 Img_0112_2 子ども達は、炉の稽古はもちろん初めて。お目出度い炉開きのお稽古ということで、今回はお膳と杯を出して、箸の使い方や杯も勉強してみました。

Img_0117食事が終わると、一人ずつお箸をコトンと音をたてて落として、亭主に伝えます。なかなか子ども達には難しかったよう。特にお箸とお皿の使い方が・・・。今では、大人でも満足に使える人の方が少ないですもんね。

|

« 朝日の泉ヶ岳 | トップページ | CEPPA(チェッパ)の生パスタ »

茶の湯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝日の泉ヶ岳 | トップページ | CEPPA(チェッパ)の生パスタ »