« 定義如来こと西方寺のこと | トップページ | 日本料理 岡崎 »

山形で新蕎麦

Img_0064 Img_0066秋といえば蕎麦処山形では、新蕎麦の季節。

ということで、週末友人の計画に相乗りして、山形まで新蕎麦を食べに行ってきましたdelicious

Img_0054 Img_0057 お天気は最高!のドライブ日和。蔵王山頂はすっかり雪景色ですが、笹谷峠の山々は今が紅葉の見頃です。

Img_0063 今日お邪魔したお店は、三津屋さんや萬盛庵さん、長右エ門さんといったメジャーなお店ではなく、山形市内にある小さなお蕎麦屋さんで、「いでは」さんと言います。

Img_0062

たぐひなき 思いいではの さくらかな 

     うすくれなゐの  花のにほいは

西行法師の歌に出羽国を「いでは」と読み詠ったこの歌から、お店の名前を付けたそうです。女将さんが一人で蕎麦を打っている他は、お手伝いの女の子一人だけの静かでこじんまりとしたお店です。

お蕎麦は外二とありましたから、二八じゃなくて、蕎麦10に小麦2ということ?でしょうか。三百坊さんからののれんわけとHPにありました。麺は中太くらい。腰がしっかりあって、お店も静かに落ち着けて、よい雰囲気でした。

|

« 定義如来こと西方寺のこと | トップページ | 日本料理 岡崎 »

うまいもの・グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 定義如来こと西方寺のこと | トップページ | 日本料理 岡崎 »