« お肉の動物園 | トップページ | 光琳の梅 »

十数年ぶりの鴨川

Img_0006 週末、所用があり、単身京都へ行ってきました。久々に四条大橋をわたり、鴨川沿いの景色を眺めると、ああ、京都に来たなって感じます。

Img_0011_3 鴨川の川岸には夏になると納涼床がずらりと設けられますが、いまの季節は広々としてカップルの散策コース。右端に見える建物は、東華菜館という中華料理のレストランになっていますが、京都のクラシックモダンを代表する建物のひとつ。Img_0009 戦前、関西で活躍したアメリカ人建築家ウィリアム・メレル・モーリスの設計になるスパニッシュ・バロックといわれるデザインの建物だそう。

Img_0007 モーリスの建築物は近江八幡近辺に住宅建築として沢山残っているようですが、レストラン建築としては唯一この建物だけだそうです。ここの玄関ファサードのデコレーションは有名。山海の食材をモチーフにしていて、レストランで提供される美食の数々を想起させるようデザインされているようです。

阪急京都線終点の河原町駅から京阪の祇園四条駅に乗り換えるには、四条大橋を徒歩で渡らなければならないので、その移動時間に写真をとっちゃいました。京都の地下鉄と阪急電鉄、京阪電鉄は入り組んでいて、イマイチよくわかりませんね~。

|

« お肉の動物園 | トップページ | 光琳の梅 »

旅 国内編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お肉の動物園 | トップページ | 光琳の梅 »