« 断水生活 | トップページ | お風呂に入りたい »

パンと燃料を求めて

Img_0007 11日の大地震以降の極端な食料不足も、少しずつ解消されてきています。この三連休は、住宅街周辺でも徐々にお店を再開するところが増えてきました。

みんな、カップヌードルとかおにぎりとか炭水化物ばかりとってきたせいか、そろそろ生鮮食料品とか嗜好品が恋しくなってきている様子。ケーキ屋さんが再開すると長蛇の列でしたが、パン屋さんもこんな状態。地震から10日が過ぎ、電気や水道などのインフラが復旧し、安心感が生まれてくると、今度は美味しいものが食べたくなるのでしょう。

被災地の避難所では、まだまだ生活物資が不足している所も多いので、決して浮ついた贅沢をしてはいけないと思いますが、悲しみや苦しみに耐えるだけでは気持ちは癒されません。少しずつ日常の喜びや笑顔が、こうした中から戻ってきているんだなぁと実感しています。

Img_0005 ただし、ガソリンだけはまだまだ欠乏感が大きいようです。今朝も日の出前からガソリンスタンド前には長~い行列が・・・・。写真のガソリンスタンドは入荷未定で、その先のGSに連なる列ですが、写真の左側にはさらに百台近い行列ができています。

住宅街にはやたらリュックを背負った自転車が目に付くようになりましたが、やはりどーしても車じゃないと生活できない人も沢山いるのでしょう。人力だけでは、行動範囲も運べる荷物の量も限界がありますからね~。郊外住宅の生活スタイルは、もはや車無しでは成立しません。わたしも赤ランプの付いたマイカーを早くなんとかしたいものです。

|

« 断水生活 | トップページ | お風呂に入りたい »

日々のこと・お天気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 断水生活 | トップページ | お風呂に入りたい »