« 和菓子 ROMA(ローマ) | トップページ | 焚き火カフェ »

GWの温泉旅行 青根温泉 湯元不忘閣

Img_0078 青根温泉は宮城蔵王の北側の山ふところにある小さな温泉街。江戸期は伊達藩の御殿湯が置かれた由緒正しい温泉です。

中でも、湯元不忘閣さんは、藩主専用の湯治場であった青根御殿を所有する格式の高いお宿。建物は古いけれど丁寧に使われ、とてもいい空間でした。

バブルの頃に大型化せず、昔ながらの古き良き山の宿の雰囲気がそのまま。また、部屋数も14部屋だけと、満室でも30名くらいの定員に、5つのお風呂があるので、何処に行っても、人の気配が少なく、ほんとうにゆっくりできます。

なかなか回復が思わしくない耳の治療をかねて、GWに出かけてきました。

Img_0087_2 青根御殿は焼失後、昭和初期に立て直したもの。

ここにも泊まれるのかと勘違いしていたのですが、見学だけとのこと。GWに伺った時は震災で壁が落ち、修復中とのことで、見学もできませんでした。ちょっと残念。

Img_0081昔の木造校舎のような旧本館。いまは2階が会食場。一階は湯上りの休憩所として使われています。

Img_0084_2中はこんな感じで、湯治場の時代の流し場(洗面所)がそのまま残っています。なんだか懐かし~。

Img_0098人気の貸切風呂「蔵湯」は土蔵の中をリニューアルして、大空間にヒノキの湯船があるだけの不思議な空間。写真がヘタで、雰囲気が伝わりにくいですが、お風呂の大きさは3m四方の広いもの。これを貸切で使うのは、とっても贅沢です。

おかげで、気分的にはかなり癒されて来ることができました。 

県内にこんなよい温泉宿があったとは、不覚でした。

|

« 和菓子 ROMA(ローマ) | トップページ | 焚き火カフェ »

旅 国内編」カテゴリの記事

コメント

junpeiさんの行動力にはビックリ。
なんと反応の早いこと。スバラシイです。
でも、よろこんでいただけてよかった。
温泉にしても食べ物にしても、興味のポイントが違うと、自分の評価と他の方の評価は180度食い違いますから。
あまり、わたしのブログは当てにしないように、慎重にご判断くださいね。

投稿: anchan | 2011年5月15日 (日) 09時39分

anchanさんのブログは私の興味をそそる内容が多いので過去の記事も読んでいますよ。
実は本日、不忘閣に宿泊しています。
ブログを読んで、色々と調べてみると、益々興味が湧いて来て…どの湯屋も貸切状態でのんびり出来て、お肌はつるつるになり、いい秘湯です。
特に大湯はひばの香りのする中で広い石の湯殿に一人で浸かる贅沢は他の温泉宿では体験出来ませんよね。
連休の後で満室ではなく、新緑も美しいので、思い切って出掛けて来て正解でした。
耳の具合は少しは改善されましたか?
お大事になさって下さい。

投稿: junpei | 2011年5月14日 (土) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和菓子 ROMA(ローマ) | トップページ | 焚き火カフェ »