« GW ひさびさのヤマネ村 | トップページ | 和菓子 ROMA(ローマ) »

GW 晩春の茶

Img_0121 連休の中日、隣町に住む家内の友人がご家族ではじめて遊びに来てくれました。うちの長男が中学駅伝を始めて以来のご縁で、もう4年以上のお付き合いなのですが、ご家族揃って自宅に迎えるのは初めてだったので、お茶でおもてなしをすることに。

五月になって、そろそろ炉を塞がないといけないと思っていたので、今年最後の炉を楽しむ趣向にして、お客さまをお迎えしてみました。

久し振りに釣り釜を掛けて、信楽の水指に、粉引の唐津茶碗のさっぱりした取り合わせに。

Img_0115掛け物は陶芸家で書家でもある鮎貝さんの色紙 「黙として 陶土(つち)練る耳に 花の雨」

冬の間冷たかった陶土が、少し暖かくなってやわらかくなって来た感じ、ひそやかな喜びと穏やかさが春雨の静かさとして伝わってくる歌です。

花は、季節はずれの椿と花いかだの若葉に碇草をいれてみました。我が家の庭の椿はほんとに遅く、GWに丁度咲きそろった感じです。蕾を入れたのですが、部屋の暖かさでたちまち開いてきてしまいました。

Img_0109 今年は、椿の当たり年らしく、どこの庭でも沢山の花を付けていました。我が家の庭でも、藪椿は勿論のこと、羽衣、卜伴に加え、10数年前に植えたきり一度も花をつけなかった絞りの椿まで花を付けてくれました。

こんなに椿が揃うことも珍しいので、棚に五つの椿を飾ってみました。お客さまも気に入ってくれた様子で、椿の話に花が咲きました。

|

« GW ひさびさのヤマネ村 | トップページ | 和菓子 ROMA(ローマ) »

茶の湯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GW ひさびさのヤマネ村 | トップページ | 和菓子 ROMA(ローマ) »