« 夏は来ぬ♪ | トップページ | 迷子? »

クメールの友人

Img_1255 少し体調がよくなってきたら、懐かしく思い出したのが、一昨年シェムリアプでお世話になった友人のこと。

12月に無理やり一週間の休みをとって一人旅に出かけてきたのですが、彼のおかげで私は仙台-シェムリアプの往復チケットをとるだけで、後はホテルの手配も、現地の観光も全ておまかせ。

こんな楽チンな一人旅は、生まれて初めてでした。

Img_1494現地では彼の自宅に遊びに行って、料理をご馳走になり、お父さんとお母さんにもご挨拶してきました。

友人と言っても、わたしの年齢は彼のお母さんに近いんですけどね。 彼のお母さんは、プノンペン出身ですが、幼いときにクメール・ルージュの革命政権に両親を強制連行され、そのまま離れ離れになり、シェムリアプに連れて来られたのだそう。

日本では戦後の高度経済成長期を謳歌していた時代、カンボジアではベトナム戦争の余波でアメリカに国内を空爆、蹂躙されたあげく、ポルボト派による知識人階級の大量虐殺に始まり、ベトナム軍の侵攻など1991年に平和を取り戻すまで、ずっと戦乱と食糧難にあえぐ時代を過ごしていました。

お二人は、そんな厳しい時代を生きてこられた影なんか微塵も見せないで、穏やかに笑って迎えてくれました。

Img_1489_3  庭の椰子の木に登って、わたしにココナッツジュースをご馳走してくれるお父さん。庭にココナッツができるなんて、いいよね~。

Cimg6833お父さんの手作りの車。エンジンは小さいけど、ちゃんと動きます。大工仕事もほとんど自分でこなします。自宅の隣には、娘さんの新居を建築中。わたしも少しだけお手伝いしてきました。

|

« 夏は来ぬ♪ | トップページ | 迷子? »

旅 海外編」カテゴリの記事

コメント

アンコールワットの遺跡群は、それぞれに変化があって飽きません。それだけでも素晴らしいのですが、私にとっては、とても気持ちの優しいクメールの人たちとのふれあいが心に残っています。

投稿: anchan | 2011年5月30日 (月) 21時04分

シェムリアップは私は行った事がありませんが、息子が大学の卒業旅行で、同じように1週間、男友達3人とアンコールワットとタイに3年前に行きました。遺跡の凄さに感動したようです。

投稿: Junpei | 2011年5月30日 (月) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏は来ぬ♪ | トップページ | 迷子? »