« 彦根城下その2 | トップページ | 大津坂本~叡山の門前町 »

近江八幡

Img_0494 近江八幡市は、彦根から少し南に下った近江商人の町。古い町並みや水郷が残され、江戸時代の街道沿いの宿場町の面影が残っているかと思えば、大正から昭和初期の洋館建築のモダンが今も生きている不思議な町です。

Img_0479 池田町洋館街は、戦前の日本の洋館建築の代表的な建築家のひとりウィリアム・ヴォーリスが近江八幡で最初に手がけた洋館で、三軒ならびでヴォーリスの大正洋館建築が建っています。

Img_0531そして、八幡堀という琵琶湖との水運による商業経済を発展させた水郷の町。これだけ江戸から戦前までの古い景観がまとめて残る町は、本当に珍しいと思います。

ゆっりと街並みを鑑賞しながら歩くだけで半日は楽しめますが、その代わりに足は「棒」に。でも、きままな一人旅にはもってこいの小さな町です。

|

« 彦根城下その2 | トップページ | 大津坂本~叡山の門前町 »

旅 国内編」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰していました。
すっかり開店休業だったにもかかわらず、ずっと気にかけていただいたようで、ありがとうございました。
とても勇気付けられて、またボチボチ復活します!

投稿: anchan | 2012年7月11日 (水) 23時19分

こんにちは。再開を心待ちにしていました。
ここ数年、一人旅からご無沙汰していましたが、ふらっと出かけたくなりました。
新しい移動手段も手に入れたので。

投稿: お酒マイナス6% | 2012年7月 8日 (日) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 彦根城下その2 | トップページ | 大津坂本~叡山の門前町 »